田舎の都市のお一人通信

一人暮らしは田舎の都市がオススメ

分析結果? 8/10 火曜 朝

昨日の相談室で貰った資料を読み込んで、検討してみた。

分かった事

1、後期高齢者保健に変わると、ほとんど全額の医療費還付が有る。

      普通は75歳から1割負担になるが、身体障害手帳(3級以上)保持者は65歳から加入出来、全額の医療補助が受けられる。

2、富山医薬大や県立中央病院など、五大病院では、一旦窓口で支払いをして、領収書を添付して還付申請をする。

    一般病院では最初から請求される事は無いそうだ。(市外は一旦支払いが必要)

3、介護認定は認知症や機能に障害が有る人の認定が主で、私の様な内疾患では認定は難しい。

     主治医の意見書を付ける事で出来る場合もあるが、中々困難な道らしい。

4、民間の企業に良いサービスが有るので、検討してみたらどうか?

5、1番は特定医療費(難病指定)が有効で、次にその支払い分を市が後期高齢者保健で補助してくれるって訳。

ただ、高度医療は別、健康保健対象の医療に限られる。入院も食事や差額ベットなんかは自費。

  1人暮らしになってから(扶養控除が何も無い😱)保険料も税金も多くて、ちょっと怒ってたけど、払って来て良かった。

助けられる側に回っても、有り難く受ける気持ちになれる。善良な市民である事は大切。😊✌️

f:id:yakushi252:20190910083756j:image

鰻飯の中巻き、小松菜と卵の味噌汁、なます、オクラひじき。

鰻飯は以前柳川から送られて来たお弁当の半分を冷凍しておいた物。

再冷凍だからどうか?と思ったけど、加工済みの物だったからそんなに味は落ちなかった。

 

さっきの4番の民間サービス、こんなの貰って来た。

f:id:yakushi252:20190910084246j:image

ダスキンのサービス。

ざっくり言えば、一回¥8,000程度で2時間の家事手伝いをしてくれる。

これなら1ヶ月に1回、お風呂やキッチンなんかの掃除をお願い出来る。

いやいや、こんな小さいマンション、全部掃除したところで2時間は持て余すかな。

でもまた1つ安心材料が見つかって良かったよ。

このサービスは別に普通の人も使えるそうだ。いいんじゃない?