田舎の都市のお一人通信

一人暮らしは田舎の都市がオススメ

薬のルール 8/16 金曜 夜

東京から娘二人が帰省して来て、お昼は『カプリチョーザ』、夜は三人で近くのホテルの焼肉屋に出かけた。

カプリチョーザも、焼肉屋も一人では太刀打ち出来ないから、こうして戦力のある時に行くのが一番だ。

カプリチョーザは下の娘と二人だったので、全部を食べ切る事は出来なかった😓

夜の焼肉屋は最大の戦力が加わりほぼ完食。

久しぶりに美味しい晩御飯だった。

帰って来て、歯磨きをして、そうだ薬飲まないと!

f:id:yakushi252:20190816210015j:image

飲み忘れの無いようにする新ルール。

木曜日が診察日で、一週間刻みで薬が出るので、『朝・夜』の袋を一週間分ずつクリップで止めて、組みにして透明の箱に入れてある。

金曜からスタートして、朝飲んだら、夜の袋が残るので、飲み忘れ防止になる。

薬を貰ったら、一週間分ずつ組んで袋に入れて、四袋。

先生に頼んで、一週間分予備を貰って有るので、病院に行く日はその予備の分をクリップ留めして箱の中に。

新しく貰った分は手文庫に入れ、一組ずつ取り出して透明箱に入れる。

このやり方にしてから、確認が容易になり、夜の飲み忘れは無くなった。

結局一番単純な方法が良かったみたいだ✌️😊

前に飲み残した分は手文庫からも出して、新しい物だけに。

これで数量管理は間違える事なく出来る。

考えて見たら工場でやっていた『赤箱管理』だ。不用品はすぐ撤去。

もっとも何かの時の為に別にして取っては有るけど、今まで一度も使った事無い。

そりゃそうだよね。今日の分も明日の分もちゃんと有るんだもの😓