田舎の都市のお一人通信

一人暮らしは田舎の都市がオススメ

カゴ職人 5/20 月曜 夜

私はカゴが好きだ。

カゴ、ザルなど、『すす竹・根曲がり竹』で編んだ物が特に好きだ。

40年前、長野に住んでいた頃は戸隠神社の前でほんの数百円で買えた。

でも今はとんでも無く高くなった。

作る職人さんが少なくなっているのと、一時期大ブームになって突然値上がりしたのが原因か。

f:id:yakushi252:20190520220027j:image

花籠弁当を作りたくて買ったカゴ。

新湊の魚料理が美味しいお店『カワグチ』のランチに『花籠弁当』と言うメニューがある。

本物は天ぷらとか蛍烏賊とかもっと豪華で、それを母に再現したくて同様のカゴを探して買った。

実はこれは『くまなし』という道の駅に売っている手作り商品。

近くの山のおじいさんが編んで、時折持ってくるらしい。

ザルや『そおけ』などが主な物だが、チョコチョコ変わった物が有る。

ただ問題は同じものが二つは無い。大きさや編み地、ヒゴの太さが微妙に違う😓

手作りだから同じものは編みたく無いみたいだ。

値段も安い。これは¥500しなかったと記憶している。

この後に似た物を買ったけど、それはもうちょい手が込んでいて¥750だった。

二つ並ぶと違いは歴然!でもそれも『味』と言えば味だけど。

場所は氷見から羽咋に抜ける山道『論田熊無』

毎年、母と山菜を買いに出かけていた。

今も有るかな。おじいさんは元気なんだろうか?

ちなみにここの名物は『草餅』朝早く行かないと直ぐ売り切れてしまう。

これからがシーズンだよね。母の大好物だった。

買いに行ってみるかなぁ。