田舎の都市のお一人通信

一人暮らしは田舎の都市がオススメ

マネージメント業 11/9 夜中

仕事としてマネージメント、『マネージャー』を20年していた。

この仕事は成果が目にみえない。評価がしにくい。

車の潤滑油のようなものだから、その働きに通常はあんまり気づかれない。

上手く行っている時は存在も忘れられるというか、みんなの扱いもぞんざいだ。

でも、いなくなるとじわじわと狂いが出てくる。

どこに居ても、何をしていても、何故だか自然と私のポジションはマネージメントになる。

論語の教室も事務局というマネージャー。

人はどこまで責任を負えば良いのか考えた。

そして結論。その時その時を精一杯やったら、後はその先の人達の仕事だと割り切る。

子離れみたいなもんだね。

親も究極のマネージメント業のようなものだな。『人づくり』だもの。

f:id:yakushi252:20181109232918j:imageお昼はピザ、ミニサラダを付けた✌️

夜には電気圧力鍋でポトフを作った。

お風呂に入る時にスイッチON。上がったら出来てた。

いいね😊目を離せる。

次はスープカレーかな✌️😊

何かを成し遂げるにはパワーがいる。でも続けて行くにはその数倍のパワーがいる。

それは『次を作る』という仕事があるから。

一代で終わる仕事は考えてみたら楽だ。サラリーマンは一代で終わる仕事の代表だと近頃思う。

責任に期限が有る。

よかった。辞められるポジションに居て。根性ないからね。😔😓

親の責任期限はいつまでだろう?成人の20歳?選挙権があるようになった18歳まで?

まぁ、私はとっくに終わったけど。上の子40歳だもの(笑)