田舎の都市のお一人通信

一人暮らしは田舎の都市がオススメ

無いなら無いで 10/27 土曜 夜

何年か前まで、近くのデパートにも『生ちらし』を売っている持ち帰りお寿司『京樽』があったけど、今はどこにも無い。好きだったのにね😢

今日スーパーに三つ葉を買いに出た時、刺身の切り落としが売っていて、つい買ってしまった。

そこで帰ってからパックの中身を空け、全部を小さなサイコロ状に切って、京樽のお寿司を再現。

f:id:yakushi252:20181027191450j:image

ご飯はこの為に昆布を入れて新しく炊き直し。

手持ちのアオリイカ、いくら、紫蘇の葉、蟹、きゅうりをプラスして、輪島塗の二段弁当に入れたら

あらまぁ!いい感じのチラシ寿司重になった。

実は一パックで2食分取れたので、半分は昆布に包んで冷凍保存。

今はかろうじて『古市庵』で取り扱っているけど、全体的に甘い。

大きな発作で自宅安静を言い渡されていた時『京樽』のお寿司を買って来て貰って、それが生命線だった。

昔、母が良くドーナツを揚げてくれたけど、今から思ったらアレはドーナツもどきだった。

蒸しパンやその他のものも『もどき』だったと思う。

袋菓子や市販のお菓子を食べる事なく、3時に母の手作りのお菓子で育ったのは、今から考えるとお菓子を買い与えられない家庭の事情が有ったからのようだが、それも良い習慣が身につく結果になるなんて、皮肉なもんだね。

無いなら無いで工夫してくれてたんだな。

今は直ぐに何でも手に入るけど、また『もどき』生活も良いかもね。