田舎の都市のお一人通信

一人暮らしは田舎の都市がオススメ

苦肉のレシピ 10/19 夜

出不精もこれに極まれりって感じ。

今日こそは買い物に出ようと思いながら夕方になった。

f:id:yakushi252:20181019193715j:imageお昼

『白石温麺』とジャコご飯。

『かちり』と呼ばれる硬いジャコを山椒、昆布と共に炊いた。

f:id:yakushi252:20181019193925j:image九谷焼の蓋つき椀に入れて。

炭水化物多すぎ😓お陰で昼は家でゴロゴロになった。(言い訳がましいよね😔)

出ないと手持ちの駒だけで戦う事になるから頭の体操にはなるけど。

 

これは何も食べる物に限らず、昔は何でも工夫して自家製のものに囲まれて暮らしていた事を思うと、今はやっぱり便利になり過ぎているのかも。

母の実家に預けられるというか、長い休みはほとんどそこで過ごしていた時、テレビは長男の伯父さん家族の部屋にあって、(伯父たちの部屋は二階にあった)私達は見る事が出来なかった。

そこで叔母2人(母より10才以上離れた妹)と祖母と私は夜はラジオ聴きながら良く『手仕事』をした。

人形の『布団』、レース編み、刺繍、手袋や靴下。だれかの服だったり、セーターだったりを壊して、新しいものを作った。

今は、「夜長』が無いのがダメなのかも知れないね。

何にもする事の無い夜の時間。あれは貴重だった。

f:id:yakushi252:20181019195925j:image鰹のタタキとロールキャベツ

『鰹のたたき』は生協で来た冷凍(2食入り¥486-)

ロールキャベツの中身は豚とこんにゃく。(どちらも細かくたたいて、塩胡椒で乾煎り)

f:id:yakushi252:20181019200356j:image中はこんな感じ。

キャベツから大きい葉を6枚外してパックして置いたもの。

普通は糸コンと豚コマで作るのだけど、どちらも無いので、板こんにゃくを細く切って、自家製突き蒟蒻を作った。豚もスライスの物を半解凍の時に細かく切った。

肉はフードプロセッサーも持っているけど、あれだと熱が加わって、イマイチ美味しく上がらない。

餃子とか完全に細かくするには良いのだけど。

イワシのつみれもすり鉢の方が何故か美味しい気がする。贔屓目かな。

タマネギ、ジャガイモはあるから明日は肉じゃがか?

また自家製突き蒟蒻作らないと。😊✌️