田舎の都市のお一人通信

一人暮らしは田舎の都市がオススメ

黄金週間 木曜 朝

今日から帰って来ると思っていた娘が、来るのは明日だったらしい。

それも『帰省』するのではなく、金沢に旅行に来るから、『寄る』んだそうな。

まぁ何でもいいけど、物事には人によって捉え方と言うか、感覚、見方が違うとまた改めて思った。

今日は亡くなった母の誕生日。

彼女と暮らす為に実家に戻って10年以上暮したけど、母も「感覚違う」と思っていたんだろうなぁ。

親子でも夫婦でもどんな関係でも、そんなもんだよね。違って当たり前。

f:id:yakushi252:20180503080946j:image若竹汁と鯛めし

なめ茸』は今回ちょっと甘めに作った。

私は砂糖を使う事が本当に少ない。これも味醂で甘味を付けたもの。

砂糖は喜界島の黒砂糖を使っているけど、一袋買うと一年はある。

よく使う調味料は、味噌、酒、味醂、ごま油、酢。サラダ油はほとんど使わない。

ただ味がイマイチ決まらない、ボケると感じた時はやっぱり『塩』

ほんの一つまみの塩で劇的に変わる。塩って偉大!

でも味噌味が足りない時は塩はダメで、この時はほんの少しの『醤油』がいい。

塩だと角が立つ。

味噌と醤油は原料が同じ『大豆』だからか馴染む。(かと言って、醤油の煮物に味噌を足すのは違うけど)

相性とか呼吸とかってそんなものだと思うけど、理解の一番は『お里』が同じって事だと思う。

それは産まれた郷里が同じと言う事では無くて、心の根っこが一緒って事かな。