田舎の都市のお一人通信

一人暮らしは田舎の都市がオススメ

冬終い 日曜 朝

マンションの部屋に居ると、季節が良くわからない。

ましてや六階から見える景色は、下を覗き込まないとビルと空しか見えない。

それが『街中』に住むと言うことなんだけどね。

実家は町家作りだった。中庭があって、離れに行く渡り廊下に台所があったので、季節と一体の暮らしだった。

暑くなると、小鳥達が痛んでしまって水が溜まった雨樋で水浴びをしていたり、ヤモリが壁にくっ付いていたり。

f:id:yakushi252:20180422080019j:imageブリの昆布〆

正月のガラガラ抽選会で当たった『昆布〆』。

二本入りなので、なかなか開ける勇気が出なかったけど、賞味期限がもう1日!😱美味しいけど甘い😞

高級品だとわかっていても・・。もう一本どうしよう。

年を取って来ると、大きな家を維持するのが負担になり、みんなマンションに住みたいと言う。

都会の人は田舎に住みたがり、田舎の人はマンションがいいって言うのは、皮肉なもんだよね。

草むしりも雪かきも無いマンション生活!

良く羨ましがられるけど、なんか忘れ物をして来た様な気がする。

少しでも『家』感を出すために観葉植物じゃ無い『木』でも置こうか。

落葉する『山椒』とか『ドウダンツツジ』とか。紅葉もするし。姿も良いし。

天空の城ラピュタ』のシータじゃ無いけど「土から離れては生きられないのよ」ってとこかね。

部屋の中はまだ寒い、弱でコタツ点けるかなぁ😵